Best盤コレクション

No.041


DEPECHE MODE / THE SINGLES 86 > 98
 思えば息の長いバンドです。私が彼らを初めて聴いたのは80年代中頃でした(少し後追いです)。昔は暗いサウンドで敬遠していましたが、聴きこむと、シンセを多用したテクノ・ポップバンドであるのに”歌にハートがあるバンド”という印象に変りました。妖しく、歌の響きが印象的でした。このアルバムは80年代中期〜90年代に発表した彼らのシングル作品を幅広く収録しています。12のようにシンセのみならずピアノを効果的に用いた作品もありますよ。
リリース年:(1998) カバー年:'86〜'98
CD1 1.STRIPPED 2.A QUESTION OF LUST 3.A QUESTION OF TIME 4.STRANGELOVE
   5.NEVER LET ME DOWN AGAIN 6.BEHIND THE WHEEL 7.PERSONAL JESUS
   8.ENJOY THE SILENCE 9.POLICY OF TRUTH 10.WORLD IN MY EYES

CD2 11.I FEEL YOU 12.WALKING IN MY SHOES 13.CONDEMNATION 14.IN YOUR ROOM
   15.BARREL OF A GUN 16.IT'S NO GOOD 17.HOME 18.USELESS
   19.ONLY WHEN I LOSE MYSELF 20.LITTLE 15 21.EVERYTHING COUNTS(Live)

No.042


DEBBY BOONE / THE BEST OF DEBBY BOONE
 70年代の永遠のバラードの名曲「You Light Up My Life」。「恋するデビー」という邦題が気に入りませんでしたけど(笑)。もちろんこの曲を聴きたくて購入しましたが、他にも隠れたバラード調、カントリー調の名曲があります。彼女は、5,10のような映画のテーマ曲(挿入曲?)も歌っていたようですね。
リリース年:(1990) カバー年:'77〜'86
1.YOU LIGHT UP MY LIFE
2.EVERYBODY'S SOMEBODY'S FOOL
3.BABY,I'M YOURS
4.GOD KNOWS
5.WHEN YOU'RE LOVED
6.ARE YOU ON THE ROAD TO LOVIN' ME AGAIN
7.MY HEART HAS A MIND OF IT'S OWN
8.FREE TO BE LONELY AGAIN
9.PERFECT FOOL
10.THE PROMISE (I'LL NEVER SAY "GOODBYE")

No.043


TONY ORLANDO & DAWN / THE DEFINITIVE COLLECTION
 私が洋楽を聴き始めた頃聴いた「恋のシーソーゲーム(下記17)」。当時、ほのぼのとしたポップスを聴かせてくれた彼らの存在は貴重でした。「幸せの黄色いリボン(下記10)」など、懐かしの名曲が満載。
リリース年:(1998) カバー年:'73〜'75
1.CANDIDA
2.KNOCK THREE TIMES
3.CARMEN
4.I PLAY AND SING
5.SUMMER SAND
6.WHAT ARE YOU DOING SUNDAY
7.RUNAWAY / HAPPY TOGETHER
8.VAYA CON DIOS
9.YOU'RE A LADY
10.TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE
11.SAY,HAS ANYBODY SEEN MY SWEET GYPSY ROSE
12.WHO'S IN THE STRAWBERRY PATCH WITH SALLY
13.IT ONLY HURTS WHEN I TRY TO SMILE
14.STEPPIN' OUT (GONNA BOOGIE TONIGHT)
15.LOOK IN MY EYES PRETTY WOMAN
16.SKYBIRD
17.HE DON'T LOVE YOULIKE I LOVE YOU
18.MORNIN' BEAUTIFUL

No.044


LED ZEPPELIN / REMASTERS
 Led Zeppelinを知りたければこのベストしかない!彼らのデビューからの変遷を時代を追いながら楽しむことが出来ます。名曲「天国への階段」も好きですが、私が特に熱くなるのは、映画館に見に行った「永遠の詩」収録作品、およびリアルタイムに聴いたアルバム「プレゼンス」の頃の作品ですね。”アキレス最後の戦い(下記24)”の曲展開が最高です!
 ハードな作品だけでなく、17のような心に染みる作品がなにげなく入っているのがミソですね。

リリース年:(1990) カバー年:'69〜'79
CD1: 1.COMMUNICATION BREAKDOWN 2.BABE I'M GONNA LEAVE YOU
    3.GOODTIMES BADTIMES 4.DAZED AND CONFUSED 5.WHOLE LOTTA LOVE
    6.HEARTBREAKER 7.RAMBLE ON 8.IMMIGRANT SONG 9.CELEBRATION DAY
   10.SINCE I'VE BEEN LOVING YOU 11.BLACK DOG 12.ROCK AND ROLL
    13.THE BATTLE OF EVERMORE 14.MISTY MOUNTAIN HOP 15.STAIRWAY TO HEAVEN

CD2: 16.THE SONG REMAINS THE SAME 17.THE RAIN SONG 18.D'YER MAK'ER
    19.NO QUARTER 20.HOUSES OF THE HOLY 21.KASHMIR 22.TRAMPLED UNDERFOOT
    23.NOBODY'S FAULT BUT MINE 24.ACHILLES LAST STAND 25.ALL MY LOVE
    26.IN THE EVENING

No.045


BOZ SCAGGS / HITS
 AORといえばこのお方。Boz Scaggsの70年代のヒット曲が満載のこの作品。TOTOがバックバンドを担当していたので、David Paichがソングライティングにたくさん参加していますのでTOTO好きな方におすすめ。アメリカ都会の香り。夏にピッタリのサウンドでした(ドライヴ・アイテムでした)。私は、アナログ時代の収録曲に慣れていたので、最近GETしたCDの収録曲&曲順が違うのにビックリ。やっぱり、Slow Dancer があって、 Look What〜 で終わらなきゃね。。
リリース年:(1980) カバー年:'72〜'80
アナログ時代?の収録曲(CDも出てるようです) ※ 私はこちらのほうが好きです。
1.Lowdown 2.Slow Dancer 3.Miss Sun 4.Lido Shuffle 5.We Are All Alone 6.Hollywood
7.You Can Have Me Anytime 8.Jojo 9.Hard Times 10.Look What You've Done To Me

最近売っているCDの収録曲(Remaster盤)
1.Lowdown 2.You Make It So Hard (To Say No) 3.Miss Sun 4.Lido Shuffle
5.We Are All Alone 6.Breakdown Dead Ahead 7.Look What You've Done To Me 8.Jojo
9.Dinah Flo 10.You Can Have Me Anytime

No.046

NICK GILDER / THE BEST OF NICK GILDER
            - HOT CHILD IN THE CITY
 カナダ出身の男性シンガー。1978年に 「ホット・チャイルド」という大ヒット曲を全米チャートに送り出したことはあまりにも有名。このアルバムは、彼の70年代後半のサウンドが満載。サウンド的には、グラム・ロックの範疇です。独特のハイトーンヴォイス、聴きようによっては女性の声にも聞こえるほど。タイトル曲の1と8がなじみあるの曲でしょう。彼は、ジョー・コッカー、パット・ベネター、パティー・スマイスにも曲を提供したソングライターでもあるのです。

リリース年:(2001) カバー年:'76-'79
1.Hot Child In The City 2.Got To Get Out 3.(She's)One Of The Boys 4.All Across The Nation (The Wheels Are Rolling) 5.Backstreet Noise 6.Rated 'X' 7.Runaways In The Night 8.Roxy Roller 9.Tantalize 10.(You Really)Rock Me 11.Watcher Of The Night 12.Into The 80's

No.047

NICK LOWE / 16 ALL-TIME LOWES
 パブロックの第一人者として有名な彼。最近の銀髪の落ち着いた風貌よりも、70sのギョロメでワイルドな風貌の時期のサウンドが私はお気に入り。60sポップス&ロックを下敷きにNewWaveの元気さをプラス。味付けにパブの香り+編曲っていうか雰囲気って感じです。何曲かピアノの曲ありますが、使い方がおしゃれなんです。この作品は、彼のソロ初期の2枚「ジーザス・オブ・ザ・クール(1978年)、「レイバー・オブ・ラスト(1979年)」および、同じくパブ・ロックのデイブ・エドモンズと結成した「ロックパイル」のアルバムからの選曲です。私は、7のアコギ&ポップなヴォーカルが大好きですけど、このアルバムの中では浮いている。。

リリース年:(1984) カバー年:'76-'80
1.Born Fighter 2.Marie Provost 3.American Squirm 4.Skin Deep 5.When I Write The Book 6.Little Hitler 7.Cruel To Be Kind 8.Switchboard Susan 9.I Love The Sound Of Breaking Glass 10.Big Kick,Plain Scrap ! 11.Cracking Up 12.Without Love 13.Nutted By Reality 14.So It Goes 15.They Called It Rock 16.Basing ST.

No.048

SWING OUT SISTER / THE BEST OF SWING OUT SISTER
 今まで知らなくて不幸でした(笑)。なかなかお洒落なサウンドでよろしいじゃないですか!!このサウンド。聴いてまず思い出したのが、スタイル・カウンシルとエブリシング・バット・ザ・ガール。声質はEBTGに近いけどもっとずっと明るい。ラテンのリズムを前面に出して、ブラスを効果的に使っているところがモロ好みです。夏に合う音楽かもしれない。大ヒットBreak Outではじまり、BreakOutで終わる構成もGood!

リリース年:(1995) カバー年:'86-'94
1.Breakout 2.Am I The Same Girl 3.You On My Mind 4.Twilight World[Edit] 5.Where In The World 6.La La (Means I Love You[U.K.Edit With Guitar]) 7.Ordinary People 8.Get In Touch With Yourself 9.Surrender 10.Heaven Only Knows 11.Better Make It Better[Edit] 12.Notgonnachange[O'Duffy's 7"Single] 13.Fooled By A Smile 14.Waiting Game 15.Forever Blue 16.Breakout[Carnival Mix]


前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)