Best盤コレクション

No.057



SQUEEZE  / GREATEST HITS
 私が79年にFMでエアチェックしたテープが先日出てきまして、懐かしさのあまり何曲か聴いたなかにあった1曲がSqueezeのTake Me,I'm Yours。同じテープにポリスのRoxanneがあったのでかなり古い(笑)。で、思わずこのベストを聴いて彼らのサウンドを再認識しています。私は、彼らは初期の”テクノ・ポップ調”の印象が強かったのですが、本当の彼らはあらためて聴くと幅広いです。本国イギリスで”80年代のLennon-McCartney”とも言われるChris Difford(g,vo)とGlenn Tilbrook(g,vo)のコンビの織り成すサウンドは、飽きがこなくて、何度聴いても耳にやさしく、ポップかつ元気な曲が多い印象ですね。また、長い曲がなく、コンパクトにまとまっているのも良い!彼らがブレークしたのは、80年代前半に解散後し、復活後の87年の作品 16.だそうですね。日本でももうすこし評価されても良いグループかなと思います。
リリース年:(1992) カバー年:'78〜'89
1. Take Me,I'm Yours 2. Goodbye Girl 3. Cool For Cats 4. Up The Junction 5. Slap And Tickle 6. Another Nail In My Heart 7. Pulling Mussels 8. Tempted 9. Is That Love 10. Labelled With Love 11. Black Coffee In Bed 12. Annie Get Your Gun 13. King George Street 14. Last Time Forever 15. No Place Like Home 16. Hourglass 17. Trust Me To Open My Mouth 18.Footprints 19. If It's Love 20. Love Circles

No.058



TOM ROBINSON BAND / RISING FREE the very best of TRB
 1977年デビュー。一応当時はパンクの括りで語られていましたが、実際の音は、ストレートなアメリカン・ハードロック・サウンド。彼らを有名にした1.に見られるような ”力いっぱいギターを弾いて、ユニゾンでこれまた力いっぱい歌うスタイル” ですね。もう1つの側面は、4.や10のパブロック調な曲かな。2.のBob Dylanの”マッタリ”したカバー曲もイケてますね。Lou Reedの曲(14.)もカバーしてます。
 ”パワー・ポップ”というジャンル分けがありましたが、これ彼らを表すピッタリの言葉かもしれません。

リリース年:(1997) カバー年:'77〜'79
1. 2-4-6-8 Motorway 2. I Shall Be Released 3. Don't Take No For An Answer 4. Glad To Be Gay 5. Martin 6. Right On Sister 7. Alright Jack (LIVE) 8. Up Against The Wall 9. Grey Cortina 10. Too Good To Be Free 11. Long Hot Summer 12. The Winter Of '79 13. Power In The Darkness 14. Waiting For My Man 15. Getting Tighter 16. All Right All Night 17. Bully For You 18. Never Gonna Fall In Love (Again)

No.059



THE SKIDS / 'DUNFERMLINE'
 80年代好きな方なら知る人ぞ知る、”Big Country”のStewart Adamson(g、Vo)が在籍していたグループです。
 初期は、パンク・ロックスタイルの威勢の良い元気なストレートなサウンド。徐々にギター・サウンド&テクノ風側面もあったりサウンドが変化。極めつけは、後期(80年以降)のStewart Adamson脱退後の”スコットランド風?ケルト風?なアコースティックな音楽”(17、18.)。サウンドの変化が楽しめる面白い作品。

リリース年:(1987) カバー年:'79〜'82
1. Into The Valley 2. Charles 3. The Saints Are Coming 4. Scared To Dance 5. Sweet Suburbia 6. Of One Skin 7. Night And Day 8. Animation 9. Working For The Yankee Dollar 10. Charade 11. Masquerade 12. Circus Games 13. Out Of Town 14. Goodbye Civilian 15. A Woman In Winter 16. Hurry On Boys 17. Iona 18. Fields

No.060


STARS ON 45 / Gratest Stars On 45 Vol.1
 1981年に全世界的に流行したオランダのユニットによるStars On 45。ビートルズメドレー(1および7)が有名ですが、その他歴史に残る有名ミュージシャンの曲を続々と発表。このCDは、1996年に編集された彼らのカバー・メドレー集(ベスト・アルバム)の第一作です。70年代後半・80年代前半に青春を謳歌していた方々、またオールティーズ好きな方々にとっては、忘れられない作品でしょう。何せ記憶に残るメドレーです。カラオケなどで、恣意的に作られたメドレーがありますが、それらより比較にならないほどよい出来。繋ぎが素晴らしいのです。特にビートルズは完璧ですね。
 ほかに主タイトルには出てきませんが、2.Abba Medleyの中には、アメリカ、サイモン&ガーファンクル、マン・フレッド・マンなどが出てきたり。。。 また6.Star Wars And Other Hitsの中には、カール・ダグラス、ヴィレッジ・ピープル、ロッド・スチュワート・・・ 何曲のヒット曲。あなたはピンと来ますか??

リリース年:(1996)
1. Beatles Medley
  ・Stars On 45 / No Reply / I'll Be Back / Drive My Car / Do You Want To Know A Secret /
  We Can Work It Out / It Should Have Known Better / Nowhere Man / You're Going To Lose
  That Girl / Ticket To Ride / The Word / Eleanor Rigby / Every Little Thing / And Your Bird
  Can Thing / Get Back / Eight Days A Week / It Won't Be Long / Day Tripper / Wait /
  Stars On 45 / Good Day Sunshine / My Sweet Load / Here Comes The Sun / While My Guitar
  Gently Weeps / Taxman / A Hard Day's Night / Things We Said Today / If I Fell / You Can't
  Do That / Please Please Me / From Me To You / I Want To Hold Your Hand / Stars On 45
2. Abba Medley (Abba etc..)
  ・Stars On 45 / Papa Was A Rolling Stone / Dance To The Music / Sugar Baby Love /
  Papa Was A Rolling Stone / Let's Go To San Francisco / A Horse With No Name /
  Monday Monday / San Francisco / California Dreamin' / Eye Of Destruction /
  Tears Of A Clown / Stop In The Name Of Love / Cracklin' Rosie / Do-wah Diddy Diddy /
  A Lover's Concerto / Reach Out I'll Be There / Sound Of Silence / Stars On 45 /
  Vouslez-Vous / S.O.S. / Bang-A-Boomerang / Money Money Money / Knowing Me, Knowing
  You / Fernando / The Winner Takes It All / Super Trouper / Stars On 45
3. Stevie Wonder Medley
  Uptight(Everything's Alright) / My Cherie Amour / Yester-Me Yester-You,Yesterday /
  Mater Blaster / You Are The Sunshine Of My Life / Isn't She Lovely / "Stars On" Jungle /
  Sir Duke / I Wish / I Was Made To Love Her / For Once In My Life / Superstition /
  Don't You Worry 'bout A Thing / A Place In The Sun / Fingertips

4. The Greatest Rock 'n' Roll Band In The World
  (Rolling Stones Medley)

  The Stars Will Never Stop / Sympathy For The Devil / Brown Sugar / Jumpin' Jack Flash /
  Under My Thumb / Honky Tonk Women / Out Of Time / Emotional Rescue /
  She's A Rainbow / Start Me Up / Angie
5. Supremes Medley
   Stop In The Name Of Love / Love Child / Reflections /Someday We'll Be Together /
   Stars On 45 / Baby Love / Love Is Here And Now You're Gone / Where Did Our Love Go /
   I Hear A Symphony / You Keep Me Hanging On / Ain't No Mountain High Enough

6. Star Wars And Other Hits
  ・Star Wars (Main Title) / Can't Give You Anything Buy My Love / Kung-Fu-Fighting /
  Layla / All Right Now / Fire / Da Ya Think I'm Sexy? / Ma Baker / Y.M.C.A. / The Good,
  The Bad,And The Ugly / Don't Stop (Till You Get Enough) / Suicide Is Painless (Theme
  From M.A.S.H.) / The Sun Ain't Gonna Shine Anymore / Overture From "Tommy" / Get Off /
  Stars On 45 / Baker Street / Bette Davis Eyes / Eye Of The Tiger
7. Beatles Medley (Single Version)
  ・Stars On 45 / Intro "Venus" / Sugar Sugar / No Reply / I'll Be Back / Drive My Car /
  Do You Want To Know A Secret / We Can Work It Out / It Should Have Known Better /
  Nowhere Man / You're Going To Lose That Girl / Stars On 45
8. Abba Medley (Single Version)
 ・Stars On 45 / Vouslez-Vous / S.O.S. / Bang-A-Boomerang / Money Money Money /
  Knowing Me, Knowing You / Fernando / The Winner Takes It All / Super Trouper /
  Stars On 45

No.061


THE MISSING PERSONS / The Best Of Missing Persons
 1980年にL.A.で結成。ヴォーカルの紅一点、デイル・ボジオ(vo)の奇抜なファッション(プラスティックのブラとか。。(笑))もあり、当時はキワモノ扱いされていて、正当な評価を得られず、シングルカット曲(1,2,6,8,11)はトップ40圏外の小ヒットでした。でも、サウンドは聴いていて安心するほど”地についた音”。一言で言えば、シンセを中心としたドライヴの効いたピコピコサウンドですが、妙に新しく感じる。当時は一本調子に聞こえてヒットしなかったのかもしれません。メンバーは、デイルのパートナーの知る人ぞ知るテリー・ボジオ(ds)やデュラン・デュランにも在籍したウォーレン・ククルロ(g/vo)など、全員がフランク・ザッパの門下生であることからも実力派のバンドなのです。ドアーズのカバー曲である5、ディスコ・ミュージック風の14など、よく聴けば”変化球”も!
1.Words 2.Destination Unknown 3.I Like Boys 4.Mental Hopscotch 5.Hello,I Love You 6.Windows 7.It Ain't None Of Your Business 8.Walking In L.A. 9.Tears 10.Bad Streets 11.Give 12.Right Now 13.Color In Your Life 14.I Can't Think About Dancin' 15.No Secrets

No.062


BLONDIE / The Best Of Blondie
 70年代後半〜80年代の活躍当時はキワモノ的でしたが、ストレートな初期、エレクトリックなダンスチューンの絶頂期。様々な音楽を取り入れたバンドでした。
 彼らの名曲、Tide Is High(夢見るNo.1)。昨年(2005年)末からビールのTVCMで流れ、懐かしくなって購入しました。このベスト盤はどちらかというとメジャーになってからの曲が多く、ポップ色が強い内容。つくづく思いますが、レトロな感覚の曲群の中で、ヒット曲の1、3、7、11は現在でも色褪せない内容と思います。

リリース年:(1990) 
1.Heart of Glass 2.Dennis 3.Tide Is High 4.In the Flesh 5.Sunday Girl 6.Dreaming 7.Rapture 8.Picture This 9.Union City Blue 10.(I'm Always Touched By Your) Presence Dear 11.Call Me 12.Atomic 13.Rip Her to Shreds

No.063


THE PRETENDERS / Greatest Hits
 このグループの曲もTVで思い出した1つですね(3.は朝のワイドショーのテーマソング)。紅一点のクリッシー・ハインドのハスキーでロックを感じるヴォーカル&サウンド。荒削りな初期のサウンドからポップ色の強い後期のサウンドまでテンコ盛りの1枚。

リリース年:(1990)
1. Brass In Pocket 2. Message Of Love 3. Don't Get Me Wrong 4. Kid 5. Human (Tin Tin Out Remix) 6. I Go To Sleep 7. Forever Young 8. I Got You Babe 9. Night In My Veins 10. Spiritual High (State Of Independence) 11. Talk Of The Town 12. Stop Your Sobbing 13. Hymn To Her 14. 2000 Miles 15. Breakfast In Bed 16. Popstar 17. Middle Of The Road 18. Thin Line Between Love And Hate 19. Back On The Chain Gang 20. I'll Stand By You

No.064 Coming Soon...





前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)