A La Carte Review No.1

New Wave Favorite

最近のUpdate :
2004.1.18 The Dub Experiments 78-80 / XTC 追加
2003.11.24 更新再開? Pillows&Prayers追加

ビートルズ⇒70sアメリカンロック⇒プログレと進んできた私にとって、パンクロックから始まったニュー・ウエーヴ
というジャンルは新鮮な音楽体験でした。元気がでないとき。気が乗らないときに聴くと音の波に圧倒されて元気
が戻る効果がありました(ピュアなポップスファンな方、そうは思わない方もいらっしゃるかと思いますが。。)。
私の呟きに耳を傾けて頂ければ幸いです。
(おことわり)
最近はジャンルの細分化が進み、いろんな分け方があるようですが、私は、リアルタイムに呼ばれていたNEW WAVE
という響きが好きです。ジャンル分けとしては大括りですが、異論のあるアーティストも出てくると思います。
このアーティストは違う!とご指摘があれば掲示板で教えて下さいね。

■ 80年代 ギターが印象的なArtists、アルバム Update: 2003.11.24
 
ネオ・アコとかギター・ポップって言われてましたね。。


Pillows And Prayers '03 25th Anniversary Deluxe Edition(1981-1984)
 イギリスのインディー・レーベル チェリー・レッド・レコード設立25周年を記念して発売された限定DVD&CDのセットです。最近、たまに普通のCD売り場に行ってもおぉ!っという作品となかなか出遭えない。。。 先日、久しぶりにDVD売り場を覗いた時に思わず手が伸びてしまったのがこの作品です。(”限定発売”の4文字に弱いんだよな(笑))
 CD編(オリジナルは82年12月発表)後にメジャーになるモノクローム・セットやEBTGを筆頭に”ネオ・アコースティック”を象徴するミュージシャンのサウンド&映像が沢山詰まっています。ネオ・アコの特徴であるアコースティックな響きが基調にありますが、楽曲はミュージシャンによってオールディーズ、テクノ、フォーク、ジャズ、ラテン等のスパイスが入っていて、聴いていて飽きません。
 DVD編は84年にVHS版でリリースされた作品。古めかしい40〜50年代風のレトロな雰囲気なストーリー性を持ったつくりのクリップ集。野外ロケや数曲のステージが見れます。2.の女性ボーカル、Janeの作品がティッシュのCMソングに使われていたとは知らなんだ。。。
DVD
1.A Place In The Sun / Marine Girls
2.It's A Fine Day / Jane
3.Feathering The Nest / Kevin Hewick
4.If She Doesn't Smile / Funtastic Something
5.New Risen / Eyeless In Gaza
6.On My Mind / Everything But The Girl
7.Jet Set Junta / Monochrome Set
8.Hungry So Angly / Midium Midium
9.Veil Like Calm / Eyeless In Gaza
10.Jacobs Ladder / Monochrome Set
11.Interview With Pillows & Prayers
CD
1.Portrait / Five Or Six
2.Eine Symphonie Des Grauens / Monochrome Set
3.All About You / Thomas Leer
4.Plain Sailing / Tracey Thorn
5.Some Things Don't Matter / Ben Watt
6.Pointing The Finger / Kevin Koyote
7. Modi2(Extract) / Piero Milesi
8.Compulsion / Joe Crow
9.Lazy Ways / Marine Girls
10.My Face Is On Fire / Felt
11.No Noise / Eyeless In Gaza
12.XOYO / The Passage
13.On My Mind / Everything But The Girl
14.A Bang And A Wimpey
15.Don't Blink / The Nightinggales
(2003.11.24)
Hatful Of Hollow / The Smiths (1984)
Meat Is Murder / The Smiths (1985) 
 写真は1997年リリースの2inOneカップリング・アルバム
 モリッシー(vo)、ジョニー・マー(g)を中心としたイギリスの4人組。サウンド・スタイルは、コード弾きのギターまたはアコギが爽快、かつストレートなアップテンポな音。しかし、ヴォーカルのモリッシーの独特な”ヨーデル調・同音連続・魔力的(笑)”ボーカルが入ると、不思議な雰囲気の世界に2つとないスミス・ワールドが広がります。Hatful Of Hollowは彼らのセカンド・アルバム。スタジオ・ライブで収録されたファースト・アルバムの曲の生きのよさが光ります。Meat Is Murderは3作目。私がリアル・タイムに買った1枚なので特に思い入れあります。。改めて聴き直すと、パワフルさ&完成度ではこちらのほうに軍配をあげたい。
Hatful Of Hollow
1.William It Was Really Nothing 2.What Difference Does It Make? 3.These Things Take Time 4.This Charming Man 5.How Soon Is Now? 6.Handsome Devil 7.Hand In Glove 8.Still Ill 9.Heaven Knows I'm Miserable Now 10.This Night Has Opened My Eyes 11.You've Got Everything Now 12.Accept Yourself 13.Girl Afraid 14.Back To The Old House 15.Reel Around The Fountain 16.Please,Please,Please Let Me Get What I Want

Meat Is Murder
1.The Headmaster Ritual 2.Rusholme Ruffians 3.I Want The One I Can't Have 4.What She Said 5.That Joke Isn't Funny Anymore 6.How Soon Is Now? 7.Nowhere Fast 8.Well I Wonder 9.Barbarism Begins At Home 10.Meat Is Murder
(2001.11.17)

■ポスト・パンク
Update: 2004.1.18

後づけで80年代に聴いたパンク&ニュー・ウエーブサウンド
(こちらはなかなか人に勧められないけどハマリマス(笑)。)
特に下記3作品の曲は、渋谷陽一さんの番組で紹介されたのがきっかけでハマりました。

● XTC ●
XTCのダブ・サウンド集。前衛的なニューウエイブ・サウンドってことで、ここに入れました。
ジャンルを超えた作品と言えなくもない?

Explode The Dub Experiments 78-80 / XTC
 
XTCのダブサウンド集です。この中の何曲かを80年代に聴いたときは、オリジナルがどんな曲か知らずにエスニック、前衛的な ”面白い” サウンドだなと感じました。収録アルバムを探したけど無くて、10年以上探し続けたのですがやっと先日中古盤をゲットしました!
 ほとんどヴォーカルも効果音的(呪文的な8が最右翼(笑))で前衛的(現代音楽風?)なインスト作品ですが、XTCとしての持ち味のビートが効いた作品もあり、いつ聴いても刺激的な作品です。
1.Dance With Me,Germany 2.Beat The Bible 3.A Dictionary Of Modern Marriage 4.Clap Clap Clap 5.We Kill The Beast 6.Commerciality 7.The Day They Pulled The North Pole Down 8.The Forgotten Language Of Light 9.Steam Fist Futurist 10.Shore Leave Ornithology (Another 1950) 11.Cairo 12.The Rotary 13.Madhattan 14.I Sit In The Snow 15.Work Away Tokyo Day 16.New Broom
(2004.1.18)

● Wire ,The Pop Group ●

より刺激を求める皆様へ!

Pink Flag / Wire (1977)
 メンバーの何人かが初めて楽器を触ったという超素人集団。そんな彼らのデビュー・アルバム。素人故に、実験的なストレートな曲・お遊びにも聞える曲をたくさん作り上げました。印象としては、ギター=ガチャガチャ、ベース=びんびん。。ボーカルも非常にうるさい(笑)。しかし、すかっとする。。なぜか繰り返して聞きたい(聴きたいじゃなくて(笑))。そして、何といっても1曲が短い!平均1分台。3分超の曲はわずか3曲。1分以内の曲も4曲も。うるさいながらも、あっさり感が彼らの魅力ではないかなと思います。日本盤CDはボーナス・トラックが17曲追加され38曲だそうな。。(私は、輸入盤で23曲版を持ってます。。。損した(笑))
1.Reuters 2.Field Day For The Sundays 3.Three Girl Rhumba 4.Ex Lion Tamer 5.Lowdown 6.Start To Move 7.Brazil 8.It's So Obvious 9.Surgeon's Girl 10.Pink Flag 11.The Commercial 12.Straight Line 13.106 Beats Thats 14.Mr.Suit 15.Strange 16.Fragile 17.Mannequin 18.Different To Me 19.Champs 20.Feeling Called Love 21.12 X U
(Bonus Track)
22. Not Dash 23. Options R
(2001.11.12)
'Y' (最後の警告) / The Pop Group (1979)
 もし、グループ名でこのCDを買ったならば、ハッキリ言って失望します。正反対の音楽です。ポップ・ミュージックに対する反語でしょうか?ポップ・グループを比喩する言葉は、「ロック、ジャズ、ファンク、ダブ・サウンド、難解な現代音楽がごちゃまぜになった印象」でしょうか?補足すると、パンクを基調としたフリーなサウンド。知的とも言えなくもない。楽譜を書いて作曲しているのだろうか・・とも感じる。次に何が出てくるかわからない緊張感もウリかもしれません。ヴォーカルのエフェクト(ダブ)がなぜか記憶に残ります。
 なぜか私は、何かに悩んだときコレを聞きます(コレも聴くじゃないですけど。。)。頭がウニになって、聞き終わったら再生する感じ。。(笑)
 ちなみに、このグループから分かれたグループに、スネークマン・ショー収録曲でおなじみのRip Rig & Panicがあります。(スネークマンショーの「戦争反対」に収録のThe Ultimate In Funは彼らの曲。)
現在、中心メンバーのマイク・スチュアートは、ヒップ・ホップ、ハウス、テクノの方面で活躍しているそうです。
1.She Is Beyond Good And Evil 2.Theif Of Fire 3.Snowgirl 4.Blood Money 5. We Are Time 6.Savage Sea 7.Words Disobey Me 8.Don't Call Me Pain 9.The Boys From Brazil 10.Don't Sell Your Dreams
(2001.11.12)

 70年代後期〜80年代始 その2
Update: 2002.5.27   Television追加

Marquee Moon / Television (1977)
ニューヨーク・パンク・ムーブメントの記念碑的作品と云われているTelevisonのデビュー作。ロンドン・パンクと違って、ある意味ストレートなサウンドの中に叙情性が感じられますね。また、ギターの掛合い、長めのギター・ソロもあり聴きやすさではこちらがベター。トム・ヴァーラインのインテリ吐き捨て風(造語(笑))ヴォーカルは耳に残ります。圧巻は10分を超えるタイトル曲の4ですね。
1.See No Evil 2.Venus 3. Friction 4. Marquee Moon 5. Elevation 6. Guiding Light 7. Prove It 8.Torn Curtain
(2002.5.27)
New Boots & Panties / Ian Dury (1977)
昨年(2000年)に亡くなった彼。私は、このアルバム収録の彼の印象がすごく強いです。
彼といえば、「Sex & Drugs & Rock'n'Roll」とすぐ答えますね(笑)。語りかける風?ちょっとひょうきん?な低音ヴォーカルで間奏のピアノ。。クセになります。。。
1.Wake Up And Make Love To 2.Swee Gene Vincent 3.I'm Partial To Your Abrac 4.My old man 5.Billericay Dickie 6.Clever Trever 7.If I Was A Woman 8.Blockheads 9.Plaistow Patricia 10.Blackmail Man 11.Sex And Drugs And Rock'N'Roll 12.Razzle In My Pocket 13.You're More Than Hair 14.Englands Glory Live 15.What A Waste
(2001.5.13)
I'm The Man / Joe Jackson (1979)
80年代のSteppin' Outのサウンドを彼とするのは間違いですね。バリエーションありますね。
New Waveムーヴメントから出たサウンドそのもの。1曲目のOn Your Radio、5曲目のI'm The Man、9曲目のGet That Girl が特に私はお気に入り。ストレートかつドライブ感がありますね。
It's Different For Girlsなどのスローな曲もこなし、奥が深い面も見せています。
1.On Your Radio 2.Geraldine And John 3.Kinda Kute 4.It's Different For Girls 5.I'm The Man 6.The Band Wore Blue Shirts 7.Don't Wanna Be Like That 8.Amateur Hour 9.Get That Girl 10.Friday
(2001.5.13)
Rock'N'Roll High School / Ramones (1979)
今年(2001年)、メンバーのジョーイ・ラモ−ンが亡くなりましたのは記憶に新しいところです。。
このアルバムは、ラモーンズ主演の映画のサウンド・トラック。彼らの他にいろいろなミュージシャンが参加してます。私は、3.Come On Let's Go が最高に好きですね。(メドレーも捨てが
たい)。若さ溢れるプレイは必聴ですね。
1. Rock N Roll High School 2. I Want You Around
3. Come On Let's Go /The Paley Brothers,Ramones 4. Ramones Medley: Blitzkrieg Bop〜Teenage Lobotomy〜California Sun〜Pinhead〜She's The One

5. So It Goes / Nick Loewe 6. Energy Fools The Magician / Brian Eno
7. Rock N Roll High School / P.J.Soles 8. Come Back Jonee / Devo
9. Teenage Depression / Fddie & The Hot Rods
10. Smoking In The Boy's Room / Brownsville Station 11. Scholl Days / Chuck Berry
12. Dream Goes On Forever / Todd Rundgren 13. School's Out / Alice Cooper
(2001.5.13)


 70年代後期〜80年代始 その1
Add: 2001.5.1

Album Jacket Title / Comment

No More Heroes / Stranglers(1977)
パンクってなんじゃろー。と思って初めて買ったLPがストラングラーズでした。重低音ベース、卑猥な歌詞。不快なサウンドが第1印象でした。聴きこむうちに、重い音がたまらなく好きになった時期がありました。キーボードの入ったパンクっていうのも変わっていてよかったかもしれません。
1.I FEEL LIKE A WOG 2.BITCHING 3.DEAD RINGER 4.DAGENHAM DAVE
5.BRING ON THE NUBILES 6.SOMETHING BETTER CHANGE 7.NO MORE HEROES
8.PEASANT IN THE BIG SHITTY 9.BURNING UP TIME 10.ENGLISH TOWNS
11.SCHOOL MAM 12.STRAIGHTEN OUT 13.5 MINUTES 14.ROK IT TO THE MOON
(2001.5.1)
Never Mind The Bollocks  / Sex Pistols (1977)
NEW WAVEを語る上で、避けては通れないバンドですね。政治的過激な歌詞。暴力的なステージ等、”不良”の音楽って最初は思ってましたが、聴いてみるとストレートなロック。まあ、やかましい音楽ですけど、私にとっては不快感はなく、ストレス解消にもってこいの音楽ですね。
1.HOLIDAYS IN THE SUN 2.BODIES 3.NO FEELINGS 4.LIAR 5.PROBLEMS
6.GOD SAVE THE QUEEN 7.SEVENTEEN 8.ANARCHY IN THE UK 9.SUB-MISSION
10.PRETTY VACANT 11.NEW YORK 12.EMI
(2001.5.1)
In The City / The Jam  (1977)
一世を風靡したザ・ジャムも初期のころはNEW WAVEの代表格。上記2枚のような不快感っぽさはなく、聴き終わったときに元気になれる代表的な1枚!と勝手に思ってます(笑)。
1.ART SCHOOL 2.I'VE CHANGE MY ADDRESS 3.SLOW DOWN 4. I GOT BY IN TIME
5.AWAY FROM THE NUMBERS 6.BATMAN THEME 7. IN THE CITY
8.SOUNDS FROM THE STREET 9.NON STOP DANCING 10.TIME FOR TRUTH
11.TAKIN' MY LOVE 12.BRICKS AND MORTAR
(2001.5.1)
Go2 / XTC  (1978)
1曲目のMechanic Dancingの不協和音の印象が強烈!
RedとかAre You Recieving Me?とか、パワー溢れる演奏が満載。
キッカケは文字だけのジャケットに魅せられて。。。でしたが、内容も最高でした。
1.MECCANIC DANCING (OH WE GO) 2. BATTERY BRIDE (ANDY PAINTS BRIAN)
3.BUZZCITY TALKING 4.CROWDED ROOM 5.THE RHYTHM 6.ARE YOU RECIEVING ME
7.RED 8.BEATOWN 9.LIFE IS GOOD IN THE GREEN HOUSE
10.JUMPING IN THE GOMORRAH 11.MY WEAPON 12.SUPER-TUFF
13.I AM THE AUDIENCE
(2001.5.1)
the B-52's / The B-52's (1979) 
PLANET CLAREという曲を聴いたとき、カッコ良すぎる!と思いました。どことなく古いロックの香りを潜めていて、それでいて時代に乗ってるサウンドでした。女性ボーカルのケイトはの破天荒な歌い方もインパクトがありました。彼女、邦楽のジュディ&マリーのYUKIとも一緒に活動してるそうですね。
1.PLANET CLARE 2. 52GIRLS 3.DANCE THIS MES AROUND
4.ROCK LOBSTER 5.LABA 6.THERE'S A MOON IN THE SKY
7.HERO WORKSHIP 8. 6060-842 9.DOWNTOWN
(2001.5.1)
Remain In Light / Talking Heads(1980)
私のNEW WAVEイチオシの作品の1つです。一言で言えばアフリカの香り漂う民族音楽風+ディスコ風なNEW WAVEサウンドです(一言になっていない(笑))。トップからの3曲の迫力でノックアウトですね。
1.BORN UNDER PUNCHES (THE HEAT GOES ON) 2.CROSSEYED AND PAINLESS
3.THE GREAT CURVE 4.ONCE IN A LIFETIME 5.HOUSE IN MOTION
6.SEEN AND NOT SEEN 7.LISTENING WIND 8.THE OVERLOAD
(2001.5.1)

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)