John Lennon
John Lennon Musium


云わずと知れた元Beatlesのメンバー。
 1980年に狂信的なファンにより射殺。昨年(2000年12月)で没後20年ですね。生きていれば還暦でした。
 彼は亡くなったことで神格化され、生前最後の作品「Double Fantasy」の印象、および名曲「Imagine」の印象が強いですが、私は下記のアルバムを推します。

My Favorite 3 Albums

John Lennon & Plastic Ono Band(1971)

1曲目の「Mother」。迫ってくるが如くのボーカル。「Well,Well,Well」も同じパターン。
かと思えば、「Love」、「Look At Me」みたいな消え入るような弱々しいボーカルも。邦題の「ジョンの魂」通りの"魂に触れる"名作です。
Walls&Bridges (1974)

アナログ盤の裏ジャケットはJohnの百面相が出来てGood!。。。。どーでもいい話(笑)。
 このアルバムは、Elton Johnと歌った「真夜中を突っ走れ」がClose Upされがちですが、「Old Dirt Load(枯れた道)」「Nobody Loves You」など隠れたバラードの名曲が入っています。前掲「ジョンの魂」は、生々しいJohnですが、この作品は、何と言うか…."魂"ならぬ"心"、"愛"がたっぷり入った名作です。アルバム最後の、息子Julianのドラムが入った「YaYa」は、聴いていてほのぼのとします。

Rock'n'Roll(1975)

 John Lennonがやりたかったこと。それは、Rockのスタンダード・ナンバーのカヴァー集。この作品は彼のそんな思いが詰まっています。この作品後、80年まで、長い沈黙。育児のため主夫してましたね。

Books



ジョン・レノンの楽譜集です。
 左画像をクリックしてみてください。。

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)