ASIA
産業ROCKという代名詞!?
Official Site


 King CrimsonのJohn Wetton(b、Vo)、EL&PのCarl Palmer(Dr)、YesのSteve Howe(g)、Buggles・YesのGeoff Downs(Key)と4人のプログレッシブロックのメンバーが集まって出来たバンドですが、全米チャートを賑わすほどポップで一般受けするサウンドでした。評論家からForeignerとともに「産業ロック」の悪名をつけられましたね。
 しかし、完成度が高い曲作りは、彼らの70年代の経験があったからこそ生まれたものに違いありません。
 下記3枚とASTRAとThen&Now以外のアルバムは、Geoff Downsのプロジェクトアルバムといって良い内容で、ボーカリストがハードロック調の高い声であまり私は好きではありません。
 ASIAはJohn WettonのVocalは欠かせません!

My Favorite 3 Albums

ASIA (1982)
 ASIAのデビューアルバム。Heat Of The Moment、Only Time Will Tell の2曲のヒット曲が有名ですね。このアルバムは全米で大ヒットし、チャートに長い間ランクインしてました。私は、アルバムの最後から2曲目のCutting It Fineという曲が好きです。Steveのアコースティック・ギターから始まり、Geoffの幻想的なキーボードで終わる。一番プログレ調の曲でした。
ALPHA(1983)
 Don't Cry、The Smile Has Left Your Eyesのヒット曲を収録。
ダイナミックさに磨きがかかった1枚ですね。
 特に中盤のハイライト曲 Heat Goes Onがオススメですね。
LIVE MOSCOW(1990)
 このアルバムは、JOHN WETTONが復帰したアルバム Then&Nowの頃のライブ音源です。Steve Howeが抜け、Pat Thrall(g)が加入し、このメンバーで来日公演が実現しました(私にとって想い出のコンサートでした)。
Steve Howeのギターが無いのは残念ですね。Patのギターワークは、ASIAに合ってませんね(まるでハードロック)。バグルスの「ラジオスターの悲劇」のピアノソロやKing Crimsonの名曲「Book Of Saturday」、「Starless」が聴けるのが貴重ですね。

Feedback Concerts


1990年 東京中野サンプラザにて行われた、ASIAのコンサートの模様を思い出しながら書きました。左画像をクリックして下さい。

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)