Kate Bush
彼女は彼女にしかなれない
Gaffa Web


彼女がデビューしたときは衝撃でした。一度聴いたら忘れない高音でいて綺麗な通る声は、誰も真似できないと思いますね。78年頃の東京音楽祭出演とSEIKOのCFが印象的でしたね。一応好きなアルバム3枚下記にあげましたが、彼女の全ての作品・全ての曲が私はお気に入りです!

My Favorite 3 Albums

The Kick Inside (1978)

衝撃のデビュー作。エミリー・ブロンテの小説(結構長編ですよ!読むの大変!)にインスパイアされた作品「Wurthering Heights(嵐ケ丘)」や「Moving(嘆きの天使)」が収録されてます。収録時期が早い作品は、高音でなく意外と普通っぽい声で興味深いです。A Man With The Child In His Eyes(少年の瞳を持った男)はいつ聴いても感動です。
Lionheart (1978)

1作目より、ミステリアスになったこの作品。最初のSymphony In Blue〜In Search For Peter Pan〜Wowの3曲の流れがイチオシですね。徐々に幻想的かつミステリアスにKateの世界が展開します。中盤のIn The Warm Roomも隠れた名曲ですね〜。
Hounds Of Love(1985)

5作目にあたるこの作品。4作目のDreamingが前衛的な作品でしたので、特にこのアルバムは光りますね。本来のKateが戻ってきたと。。。
ある意味では円熟期に入ったKateの姿が聴けますね。Cloudbusting、Running Up That Hill(神秘の丘)など大人のKateが聴けますね。

Video


伝説のハマースミス・オデオンのライブです。妖精のようなケイトの姿が甦る。
左画像をクリックして下さい。

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)