The Police
最小ユニットの芸術
国内FanSite


 生演奏をするグループの最小ユニットは3人組でしょうね(エレクトリックなグループを除く)。
 3人組の良さ。シンプル性、ワイルド性、音のバランス...それが理想的に大成されたグループ。それがポリスでしょう。彼らの良さは、特にライブでの演奏力にあったと思いますね。

My Favorite 3 Albums

Regatte De Blanc (1979) 
 ファーストアルバムの元気にまかせた印象から、少し挑戦的な試みが感じられる作品ですね。
 レゲエ色の入ったロックとしての集大成が出来上がった時期でしょうか?
Ghost In The Machine (1981)
 プログレ好きの私がこのアルバムを選ぶと予想した方がいるかと思います(笑)。ポリスの中でも実験性・前衛性が垣間見られる作品でしょう。シンセサイザーを多用し、ある意味でデビュー当時の個性が薄れたともいえます。アンディー・サマーズがロバート・フィリップとの共作(「心象表現」というタイトルだったような?)を出したのがこのころかな?彼の個性が出たアルバムでしょうね。
 マテリアル・ワールド、マジック、インビジブル・サンなど、サウンドに深みが増した作品と言えます。
Synchronicity (1983) 
彼らの最高傑作ともいえる作品。過去の作品の良さを凝縮して、アグレッシブかつ深みのある作品に仕上がってますね。特に、A面は前期の、B面は、ゴースト・イン・ザ・マシーン以降のエッセンスを昇華していったようなサウンド作りが魅力です。
 キング・オブ・ペイン、ラップ・アラウンド・ユア・フィンガー、ティー・イン・ザ・サハラ....私はこの辺の曲に魅力を感じる...(変かな?)

Live Video


シンクロニシティー・コンサート

ロック・ビデオ史上に残る最高傑作ライブ・ビデオがコレ。
左画像をクリックして下さい。
ブルー・タートルの夢 / スティング

グラミー賞にも輝いた”ロック長編ビデオ”
左画像をクリックして下さい。

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)