前のページに戻る

U2
パワフル・ワイルド!インテリジェンス!
Official Site


 U2は特に思い入れのあるBANDです。2作目、Octoberからリアルタイムに聴いています。クロスオーバーイレブンというFM番組で、I FALL DOWNという曲を聴いて衝撃を受け、以来追いつづけてます。彼らのキャリア中、Brian Enoプロデュース作品が特に気に入ってます。Enoの知性とU2のワイルドさの統合は素晴らしい。

My Favorite 4 Albums

October (1981)
 初めて聴いたU2は、NHK−FMのクロスオーバー・イレブンでかかった「I Fall Down」でした。ピアノの前奏から綺麗な音のアコースティック・ギター。そして、Bonoの徐々に盛り上がるボーカル。ハマリました。タイトル曲もジャケットそのままに灰色の空に響く、冷たげな&淋しげなピアノ・ソロ...彼らの静の一面を垣間見ることができます。他の曲はほとんどが、彼らの初期のパワフル&荒削りな音で、静と動の対比が見事な作品です。
Unforgettable Fire (1984)
 Enoプロデュースの初作品。メイキングビデオ(VHSで発売)を見てからはまりました。Bad、Prideなど名曲があります。The Edgeの効果音的なギターワークがとくにこのアルバムでは強烈でした。
The Joshua Tree (1987)
 ご存知、U2の最高傑作。With Or Without You,Where street has your nameなどの名曲が入ってます。シングルカットされていない曲の完成度も非常に高いです。このアルバムの曲はライブでも人気が高いですね。もちろんEnoプロデュース。
Zooropa (1993)
 けっこうFANの間ではアルバム『POP』と並び、賛否両論の評価のある作品です。わたしは大好きですが。。。最初の4曲のインパクトが強いです!ZOOROPA、BabyFaceの静かながら味のある曲調。NambのThe Edgeの無機質なボーカル。LemonでのBonoの究極?の裏声。圧倒されました。くせになります。

Feedback Concerts


1989年 東京ドームにて行われたU2コンサートの模様を思い出しながら書きました。左画像をクリックして下さい。


Videos


 「Unforgettable Fire 〜焔(ほのお)」発表時のメイキングビデオ
左画像をクリックして下さい。

U2の映画 「魂の叫び」
左画像をクリックして下さい。

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)