前のページに戻る

ULTRAVOX
ニューロマンティックの代表グループ
Official Site


Ultravoxといえば、日本では、世界的イベントLive Aid(1985)や主要メンバーのMidge UreのBand Aidへの貢献がよく知られるところですね。当初は、John Foxxを中心としたNew Wave的なサウンドで、Johnの脱退、Midgeの加入を契機にポップ性が花開いた感じですね。

My Favorite 3 Albums

Vienna ( 1980)
 日本では、New EuropiansがサントリーのCMで使われたのが有名ですが、テクノ的なかっこよさとヨーロッパ的な暗さとが同居したアルバムという印象ですね。私は、プログレ的なテーストのインスト曲「Astradyne」と、ハイテンポ&カッコイイの一言に尽きる「Sleepwalk」
がイチオシですね。タイトル曲Viennaも素晴らしい!!!!Midgeの渋い
Vocalが生えます。(80年代を代表するアルバムの1つだと感じます)
Rage In Eden(1981)
 Viennaより暗い印象の曲が多く、シーケンサーが前面に出てますね。
やはり、コーラスが暗くしてるのかな?私の私見では、このアルバムは、全体の印象よりも、1曲1曲個別の印象を大切にして聴くと良いと思いますね。The VoiceとかThe Thin Wallはイカス曲だと思います。(結構好き嫌いが分かれるアルバムかもしれません。)

注:左記写真は、アナログ盤のものです。

Systems Of Romance(1978)
 John Foxx在籍時最後のアルバム。彼は様々なサウンドがCreateできるアーティストだなと感じる1枚ですね。(聴き込んで味がでるアルバムかもしれません。)

Japanese Excellent!! Fan Sites

 私は、映像を持っていない(腐りかけたライブ・エイド映像くらいかな?)ので、
日本を代表する2大巨匠のホームページをごらんください!マニアが喜ぶ情報満載!

東の邪外さん
ミッジ・ユーロ派?

西のFoxx@JAPANさん
ジョン・フォックス派

前のページに戻る
(戻らないときはブラウザの戻るボタンで戻ってください)